道の駅の雁の里せんなん「雁太郎」は美郷町仙南の新鮮な野菜やお米や漬物、お菓子などたくさんの特産品が取り揃えられていて、レストランと軽食コーナーでは仙南産のあきたこまちや新鮮野菜を使ったメニューを楽しむことができます。

 

特産品販売施設は美郷町仙南地区をはじめ、秋田県の特産品である漬物やお菓子、味噌醤油、あけびつる細工などが販売されていて、オリジナル商品としては黒毛和牛をふんだんに使用したレトルトタイプのご当地カレーや美郷の文字と雁の群れが飛び立つ姿が刻印されているカステラ饅頭などがあります。

 

あけびつる細工とは鎌倉時代から伝わる旧仙南村で生まれた伝統工芸品で、田んぼや山へ仕事に行くときの背負い籠として村の人々に愛用されていたものです。この他にも飲み口は柔らかく、さらりとしていて甘い口当たりの仙南地区の地酒の酔雁や町村合併を記念して作られた美郷という地酒が有名です。

 

新しく作られた民芸品としてはドライフラワーがあり、特産に寄与しようとして考案された地場産の花を使ったアートフラワーです。季節限定の商品としては職人の知恵と技術が凝縮した地域の銘菓のごまシューや新感覚のスウィーツなどが販売されています。