森吉山ダム広報館で遊ぶなら

| 未分類 |

森吉山ダムは、元々は河川の名称を取って、阿仁川ダムと呼ばれていたのですが、この周辺は森吉山県立自然公園と言う地域であり、景観などが素晴らしい事からも、森吉山の名前を取り、森吉山ダムと呼ばれるようになったと言われているのです。

 

また、このダムの特徴と言うのは、ダム軸というものが曲がっている事です。
ダム軸というのは、河川を横断する構造を持つダムの位置を示す構造上の基本の線で、森吉山ダムは、堤体中央部分よりも右岸側でやや折れ曲がる形で作られているのが特徴です。

 

これらの事柄については、森吉山ダムに隣接されている、北秋田市役所の中にある森吉山ダム広報館に行くと様々な資料を見て知ることが出来るようになっていると言われています。
尚、この広報館は、土曜日や日曜日、祝日も営業をしており、午前9時から午後4時半までの利用可能となっています。
但し、秋が終わり、人が少なくなる12月から3月の冬季期間は休館となります。

 

また、この広報館はダム沿いを走る国道309号線沿いにあります。